A. エビデンスマーケティング


製品やサービスがアレルギー分野で差別化できる!

A. エビデンスマーケティング(AEM)

貴社の製品やサービスに係るデータを、医師が理解できるような見せ方に変えると、医師に認められる製品(サービス)として、新たな価値を持って市場に訴求できる例が多くあることをご存知ですか ! 
貴社の製品やサービスに「アレルギー」、「アレルゲン」、「アレゴロジー」という視点で、新たな価値を付加していきます。

 

エビデンスというとデータ取得ですか?といわれますが、データ取得だけではありません。豊富なデータを取得しても、十分にその価値を活かした訴求ができていないケースを多く拝見してきました。
一方では、必要なデータを無駄なく取得し、医師に理解されるポイントを押さえ、上手に差別化を行いながら、競争のないポジションを確立されている製品やサービスも多数あります。
「どのようなデータを取得するか?」は大切です。しかし、そもそも「データ取得」や「訴求」を行う際に、「どのような視点で?」というポイントがずれてしまうと、折角、時間と費用をかけて取得した貴重なデータがあっても、、訴求時に十分生かされません。

 

事例や取引実績

上場企業様からのご依頼を頂き、豊富に実績がございます。秘密保持契約締結により、ホームページ上に掲載することができませんこと、あしからずご了承ください。

 

ご依頼・お問い合わせは、

環境アレルゲンinfo and care株式会社

電話: 0336630806
メール: info○eaic.jp
(送信の際は、○を@へご修正の上、ご送信ください)


MENU

会社概要

環境アレルゲンinfo and care株式会社
東京都港区三田2-8-12 三田MS101